'."\n";?> 近視の種類「単純近視」「病的近視」ほか

近視の種類「単純近視」「病的近視」ほか

近視の種類「単純近視」「病的近視」ほか

近視には分け方によって、異なった型や名前があります。

 

医学の現場では近視は「単純近視」と「病的近視」と分けることができます。

 

まず、単純近視は、多くの人がなる近視のことで、その原因は遺伝や環境によって発症します。
「学校近視」などと呼ばれること場合もあります。
それは、小学校高学年や中学あたりから近視が始まることが多いからです。
「そうだったなぁ」と感じた方も多いでしょう。
小学校高学年から目が悪くなったのを覚えています。

 

もう一つの「病的近視」は何かの原因があって「軸性近視」が起きてしまうことを指します。
「軸性近視」は水晶体と網膜の距離が長くなることで、遠くのものが見えにくくなって近視になることです。
この場合、学校近視よりももっと早い時期、幼児に発生することが多いといわれています。

 

おまけに「核性近視」というものがあります。
これは、老人性の白内障と一緒に近視になってしまう状況です。
白内障の中で、核性白内障という白内障の場合は一緒に核性近視になってしまいます。

 

以上のように近視も様々な見方によってもいくつもありますし、一言で近視といってもきっかけは違うことがあるのですね。