'."\n";?> 近視の種類「屈折性近視」と「軸性近視」

近視の種類「屈折性近視」と「軸性近視」

近視の種類「屈折性近視」と「軸性近視」

近視は年齢を追うごとに増えていくものなので、あなたの周りには近視の人は多いこととおもいます。
そして、その人数は歳を取るごとに増加の傾向になっていますでしょうか?

 

今回は「屈折性近視」について説明しましょう。
カメラのように目はピントを合わせて対象物を見るようにしていますが、ピントの位置が
網膜にぴったり合えば正視と呼ばれ、正常な状態です。しかし、カメラで言えばレンズの役目をする角膜や水晶体の曲線や角度がずれてしまい、網膜まで届かず、前面にピントが合ってしまうと、近くのものは良く見えるが、遠くのものは見えにくいという状況が起きます。
それが、「屈折性近視」です。

 

次に、「軸性近視」について説明します。
眼球が通常の人より前後に長いため、水晶体から網膜までの距離も長く、水晶体や角膜の曲線や角度は合っていても網膜まで届かずに、ピントが前面に来てしまう。
これによって、近くのものは見えるが、遠くが見えにくくなるのです。
遺伝的に眼球の形が楕円形になっている為、近視になってしまいます。
また、生まれつき網膜はく離をおこしやすいことがあるので、注意が必要です。
目の大きさが普通の人より数ミリ長いだけなのですが、視力にするとぐっと悪くなってしまうのが、「軸性近視」なのです。

 

近視は症状は同じ近くは見えても遠くは見えないというものですが、要因はまったく違うことからきているのですね。