'."\n";?> 近視と遠視

近視と遠視

近視と遠視

さて、近視という言葉と対に遠視という言葉もありますね。
近視と遠視について比べてみようと思います。

 

まず、近視は近くのものはよく見えるが、遠くのものは見えにくくなること。
つぎに、遠視は遠くのものはよく見えて近くのものが見えにくくなること。

 

人はもともと遠視の状態で生まれてくるのだそうですが、だんだん成長することで近視が進行して行きます。
そして、パソコンや持病などの環境によって40代手前まで、近視はどんどん進行して行くのです。

 

生まれてくるときの遠視の度合いや遺伝によって近視の進行する速度も変わってきます。
また、パソコンやテレビといった目を酷使する環境に居ることで、進行も早くなってきますし、成長期がすぎても近視が進行が進むのです。

 

歳を取ると老眼になりますが、老眼は遠視のように遠くのものが見えるが、近くが見えにくい状況になるので、遠視と似たようなものかと感じますが、遠視とは違い、歳を取ることで目のピント調整機能が衰え、近くをみることが困難になっていく症状です。
メガネなどをかけることで調節することが可能です。
また、老眼も最近では治療方法があります。

 

老眼はピント調整機能が衰えたことが原因ですが、正常な状態では網膜にピントを合わせるのですが、近視はピントが前面に来てしまい、遠視はピントが後ろにいってしまう状況が目の中で起きています。

 

カメラのようにピント調節が目の中で起きているのですが、どこにピントがきているかにより、近視や遠視といった症状として現れるのです。
それが、近視や遠視の違いでしょう。