'."\n";?> 近視とは

近視とは

近視とは

近視とは近くのものは見えるけれど、遠くのものが見えにくいと感じるのが近視と認識している方も多いでしょう。

 

しかし、一言で近視といっても二種類あるのです。
「真性近視」「仮性近視」の二つになります。
どこかで、耳にしたことはないでしょうか?

 

「仮性近視」とは「偽近視」「調整緊張性近視」「調整近視」といういくつもの難しい名前がついていますが、すべて同じ症状のことで、疲れ目や一時的に目のピントが悪くなってしまったことが原因で遠くのものが見えずらくなる症状。
しかし、しばらくすると自然に治ることが可能です。

 

「真性近視」は仮性近視のように直ぐに治ることは難しく、コンタクトやメガネといった矯正器具をつかうことで、目のピントを調整して、普通に見えるようになることができます。

 

仮性近視と真性近視は違うものですが、仮性近視から真性近視に直ぐに変わることはあまりないのですが、仮性近視が治ってしばらく経過すると真性近視になる確率がとても高くなるのだそうです。

 

どちらにしても、近視になることで遠くのものが見えずらくなってしまうという症状は変わりません。

 

そこで、視力を回復させる方法が必要になってくるでしょう。