'."\n";?> 視力を回復のさせる手段 その2

視力を回復のさせる手段 その2

視力を回復のさせる手段 その2

さて、今回の視力を回復させる方法はレーシックという方法です。
レーシックという名前はCMや雑誌などのでご覧になったことのある方もいるでしょう。
劇的に視力が回復できるので、視力回復法としてレーシックは人気があるようです。

 

レーシックというのは目の角膜にレーザーを使って、視力の戻る厚み分を削ることで、曲線や角度を調整することができるので、術後は劇的に視力が戻るという画期的な方法になります。

 

レーシックは1990年にギリシャで発祥し、アメリカで人気が出て、日本には10年後の2000年に認可が出て、レーシックが使われ始めました。
当時はまだ、認知度も低く費用も高額だったのですが、今では認知度も高くなったこともあり、費用も低価格で受けられるようになりました。

 

実際に手術を行うと術後から数日で劇的に視力が戻ります。
そして、裸眼で1.0以上の視力に戻るのです。
もう、めがねもコンタクトも必要なくなります。
めがねやコンタクトを使う不便さやわずらわしさがなくなるのです。

 

しかし、レーシックは手術ですので、合併症と感染症の恐れがあります。
合併症は個人差があるのですが、ドライアイなどになりやすくなるようです。
また、低価格になった費用も保険の利かないものなので、病院によって大きな差があります。
費用の面、感染症の面、などを考慮して、病院を選びましょう。