'."\n";?> 視力が悪いことの不便さ

視力が悪いことの不便さ

視力が悪いことの不便さ

視力が悪いことで困ることは不便になったことでしょう。

 

□以前は普通に見えていたものがだんだん見えなくなってくる。

 

□めがねまたは、コンタクトという道具を使わないと見えない。

 

□視力が悪化すると階段を下りることもできなくなる。

 

□めがねがないと外にでるのが不便、電車に乗ったり降りたりすることが大変です。

 

□遠くで知り合いにあってもメガネをかけてないとわからない。

 

□めがねは一生ものではないので、度が進んだり、壊れたらまたあたらしいめがねを
買う必要がある。

 

□コンタクトも一生ものではなく、短ければ1日長ければ1年ほどで交換時機が来る。

 

□体質的にコンタクトの合う、合わないタイプがあり、合わなければコンタクトをすることができない

 

この不便さを快適さに変更してファッションとして使っている人も居ますが、もし、
視力が回復できたらいいなあと思う人の為に次に進みましょう。

 

この世の中には視力回復というものがあります。
方法もいろいろあるようなので、一つずつ説明していきたいと思います。